日本のこれからを見据え、
理想的な会社を追求。

時代の変化に対応しながら、
地域や環境をより良くするために
私たちにできることを常に考え続けています。
ワークライフバランスも意識し、
誰もが働きやすい職場づくりも追求します。

環境保全の取り組み

建設会社が避けては通れない環境問題。
地球温暖化防⽌、環境負荷の低減、
⾃然環境の保全のための建設活動の推進。

設計段階から解体まで
環境を意識した対応を徹底

建設業は、「企画・設計→施工→運用→維持・改修→解体・廃棄」の各段階で
環境問題と深く関わっています。

企画設計
  • 環境に配慮した企画立案
    自然環境との共生・調和/省エネ/省資源化/
    建物長寿命化/建設副産物削減/グリーン調達の推進/
    自然エネルギーの採用( 太陽光・風力・地熱等 )
  • 環境関連法規制の順守
施工
  • 地域環境の保全(公害対策)
    騷音・振動対策/水質・土壤汚染対策/
    地盤沈下対策/粉塵対策
  • 環境に配慮した施工
    省工・省資源化施工/熱帯材型削減/
    建設副產物凳生抑制/3R活動推進/
    CO₂ 削減/NHK3活動
  • 建設副産物削減
    コンクリート、アスファルト、建設発生木材、
    建設汚泥、建設廃棄物、再生資材
解体・廃棄
  • 地域環境の保全(公害対策)
    騒音/動対策水質汚染対策/粉塵対策/
    有害化学物質対策
  • 分別解体・リサイクルの推進
運用・維持・改修
  • 中長期の維持保全計画の立案
    診断(省エネルギー、リニューアル、コンクリート健全度、
    耐震)/省エネ設備/機器の交換/耐震改修工事

創伸建設の
SDGsの取り組み

「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」: 略称「SDGs」は、
2015年の国連サミットで採択された、持続可能でより良い世界を目指すための達成目標です。

  • ジェンダー平等を実現しよう
    ジェンダー平等を
    実現しよう

    ジェンダーの平等を達成し、すべての
    女性と女児のエンパワーメントを図る

    創伸建設の目標

    女性が働きやすい環境づくりを
    目指します。

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
    産業と技術革新の
    基盤をつくろう

    強靭なインフラを整備し、包摂的で
    持続可能な産業化を推進するとともに、
    技術革新の拡大を図る

    創伸建設の目標

    公共工事を通してインフラ整備に
    貢献を目指します。

  • 住み続けられるまちづくりを
    住み続けられる
    まちづくりを

    都市と人間の居住地を包摂的、
    安全、強靭かつ持続可能にする

    創伸建設の目標

    建物づくりを通して安全なまちづくりの
    貢献を目指します。

  • つくる責任 つかう責任
    つくる責任
    つかう責任

    持続可能な消費と生産の
    パターンを確保する

    創伸建設の目標

    建築資材のリサイクルを意識し、
    持続可能な社会実現への
    貢献を目指します。

地域貢献の取り組み

子ども食堂を応援子どもたちに無料または安価で食事を提供する「子ども食堂」の活動は札幌でも広がっています。
創伸建設は協賛という形で、札幌・平岸にある「ぴらけし・子ども食堂」を応援しています。

ぴらけし・子ども食堂とは地域交流サロン「ぴらけし」を母体とする子ども食堂で、コミュニティFM「FMアップル」が運営しています。
経営者やアーティストなどの大人の利用者も多数。不定期で体験講座なども行われています。

詳しくはこちら

お問い合わせ

011-853-7522

電話受付:平日 9:00 – 17:00

メールフォームからのお問い合わせはこちら